WHRMC            WHRMC

 

国際予防医学リスクマネージメント連盟

日本予防医学リスクマネージメント学会

世界健康リスクマネージメントセンター

 


 



リスクマネージメント夏季国内講習会プログラム

 

 

 

医療安全教育セミナー 2007

 

(日本語社会人教育プログラム)

東京大学医学教育研究棟14階 鉄門記念講堂

東京大学医学教育研究棟13階 6セミナー室

東京大学山上会館2階 小会議室(201、202、203号室)

 

 

 

 

 

(プログラムの概要)

 

 

全プログラムが確定しました。 --2007年5月23日。

 

 

 

(注意) 印の付いたプログラムは、医療機関に対する安全対策費の診療報酬申請の教科に相当します。

印の付いたプログラムは、院内感染症委員研究会(第1回)の教科に相当します。

 

 

 

受付開始:      各日とも午前8時15分。

参加証と領収書: 各日の最後にお渡しします。

 

 

 

 

 

 

-         1日目 (2007年8月5日) –

特別企画

東京大学医学教育研究棟14階 鉄門記念講堂

 

 

(午前の部) 午前9時〜12時2007年8月5日(日)  シンポジウム (T)

 

「持続可能な医療・福祉供給システムの基本戦略」

 

(シンポジウムの開催責任者) 酒井 亮二  日本予防医学リスクマネージメント学会理事長

 

趣旨

 本年3月2日に開催された「医療安全の緊急課題」シンポジウムでは、1) 日本の医療機関と福祉施設では提供できる限界供給量を超えて病院の患者数が急増し、その過剰勤務により産科・小児科・救急医療の地域格差が発生し、全国的な医療事故多発の原因ともなり、そのために医療機関と福祉施設から従事者が立ち去り、医療と福祉の崩壊が全国的に進行している、また、2)それを食い止めるには増税や勤務時間の見直しなどの緊急対策が必要である、との発言がありました。持続可能な医療・福祉供給システムの条件は何かを検討することが日本の医療の最も緊急課題である、との結論でした。そこで、今回のオープニングでは、持続可能な医療・福祉供給システムの基本戦略を主題とするシンポジウムを企画したいと思います。

 現在、厚生労働省による100億円の緊急予算措置や新たな医師養成の追加検討が始まり、また、様々な団体による医療と福祉の体制の見直しの提言が出されました。医療・福祉に対する社会の需要にみあった、持続可能な医療・福祉供給システムを見出すには、医療と福祉の連携システムの中で根本的な戦略と方策が求められています。

 今回は、最新の病院調査結果、医療経済学からの提言、医療経営学の問題、法と制度の課題の諸観点からの学術シンポジウムを企画しました。多数の皆様のご参加と活発な討論を期待しております。

 

 

午前9時〜午前930200785() 

 (講演)  医師確保に関する日本病院会調査の概要

      林 雅人   社団法人日本病院会常任理事

 (概要) 日本病院会が全国の病院で調査を行った、医師確保状況の最新の結果について紹介を行う。

 

 

午前930分〜午前1020200785()

 (基調講演) 医療経済学からの提言

岩本 康志  東京大学大学院経済学研究科教授・公共政策大学院経済学分野 

(概要) 医療費の適切な水準、医療保険、介護保険、サービス提供体制の改革および将来予測の観点から,提言を行う。

 

 

午前1020分〜午前1030200785()    休憩

 

午前1030分〜午前1110200785()

(特別講義) 医療経営学からの問題点

    川渕 孝一  東京医科歯科大学医歯学総合研究科医療経済学教授

(概要) 一橋大学商学部を卒業後、政府研究機関などに勤務。医療経営と医療政策の観点からの問題点を報告する。

 

 

午前1110分〜午前1140200785() 

(特別講義) 医師不足問題への法的対応等についての一考察

井原 辰雄  東京大学公共政策大学院法律分野 

(概要)  医療保障法の観点から、現在検討されている医師確保策について、考察を行う。

 

 

午前1140分〜午後12200785()

 総合討論  「持続可能な医療・福祉供給システムの基本戦略」

 

 

 

 

 

午後12時〜午後130200785()    昼食 

 

               

        

 

 

(午後の部) シンポジウム (U)    

午後1時〜午後445200785() 

 

「診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業の現状分析と今後」

 

(シンポジウムの開催責任者) 吉田 謙一 東京大学大学院医学系研究科法医学教授

 

  平成17年9月に開始された「診療行為に関連した死亡(診療関連死)の調査分析モデル事業」(モデル事業)の実績、および分析を踏まえて、平成19年4月、厚生労働省はこの事業の制度化に向けたパブリックコメントを募集した。

 

  諸外国では、診療関連死の調査に関連して、@目的を事故の再発防止とし、届出対象を法定する、A遺族との対話・説明を促進する、B医療専門家が評価をし、調査結果・情報を病院・遺族にフィードバックする他、C裁判外紛争処理制度、およびD医師の資格審査制度を推進することによって、国民の理解を得た上、医療の質の向上を図ろうとしている。本シンポジウムでは、これらの観点から、制度化のツボについて議論しようと考えている。

 

 

(以下の各講演は質疑応答を含めた時間)

 

 

第1部      診療に関連した死亡の調査分析モデル事業の現状分析と今後について

 

午後1時〜午後130200785() 

   モデル事業の概要と実態  

田浦 和歌子  モデル事業東京地域事務局調整看護師 

 

   午後130分〜午後2200785() 

診療関連死と異状死の振り分けについて

矢作 直樹       東京大学付属病院救急部教授、モデル事業東京事務局代表)

 

午後2時〜午後230200785() 

モデル事業調査に見る問題点、英国圏の死因調査に学ぶこと

吉田 謙一       東京大学大学院医学系研究科法医学講座教授

                                        

 

午後230分〜午後245200785()    休憩

 

 

 

2部 診療関連死調査制度の法的問題と制度改革について

 

 

午後245分〜午後315分200785() 

  刑事・民事・行政処分の果たすべき役割

神谷 恵子        弁護士

 

午後315分〜午後345200785() 

  裁判外紛争処理制度(ADR)の進むべき道 

和田 仁孝        早稲田大学大学院法務研究科教授、学術会議裁判外紛争処理委員会委員長、弁護士

 

午後330分〜午後415200785() 

英国・オーストラリアにみる医師の資格審査制度、公的ADR制度

   吉田 謙一   東京大学大学院医学系研究科法医学講座教授

 

 

 

午後415分〜午後445200785() 

総合討論(約30分)

 

 

 

 

 

200785()午後6:008:00   懇親会 

   シビックスカイ・レストラン「椿山荘」  Tel: 03-5800-5500

文京区シビックセンター・スカイラウンジ25階、

東京大学赤門よりタクシ−5分、後楽園球場の隣り、 

東京の超有名レストランのお食事(通常1万5千円)を5千円の特別料金でご利用できます。
       懇親会地図

      

 

 

 

 

 

- 第2日目 (2007年8月6日) -

医療安全の基礎編 

東京大学医学教育研究棟14階 鉄門記念講堂

 

 

趣旨 

医療安全はリスク管理が基本であることが国際的に認知されており、近年日本では全国の大規模病院にリスクマネーシャーが配置されました。第2日目は医療にかかわるリスクマネージメントの研究の日本での代表的な先生方による特別講義が行われます。

 

(司会・午前)  島田 直樹  慶應義塾大学医学部衛生・公衆衛生学教室講師、慶応大医卒

 

 

 

午前9時〜午前1030200786()  

(基調講演)  医療安全での基礎知識   

村上 陽一郎 元東京大学先端科学研究センター・センター長、国際基督教大学比較文化学教授

(内容): 医療事故予防と事後対応に係わるリスクマネージメントの実践の上で不可欠となる、安全科学の基本知識と方法を講義し 

ます。村上先生は、数十年にわたり医療事故予防について品質管理工学の導入を提唱し、当該分野の世界最初のパイオニア 

で、 今日の米国医療界がお手本とする諸学説を提起しました。リスクマネージメントや安全の科学など多数の著書があります。

 

 

 

 

午前1030分〜午前1040200786() 休憩

 

 

午前1040分〜午後12200786()  

(特別講義)   医療事故の原因  

     濃沼 信夫   東北大学大学院医学研究科医療管理学教授 
(内容)  濃沼先生は病院管理学に関する日本の第一人者で、医療事故の原因を多方面にわたり国際的観点から調査研究をしているパイオニアです。それらの成果を踏まえて、医療事故調査にあたる基本的な考え方、事故データの収集・解析方法について講義されます。

 

 

 

午後12時〜午後1時    昼食 

 

 

 

 

(座長・午後)  外 須美夫  北里大学医学部麻酔科教授、九州大医卒、

厚生労働省医薬品・医療機器等対策検討会委員

 

 

午後1時〜午後2200786()  

(特別講義)   安全管理に関する法令や制度、指針等の概要  
    
久米 翠     厚生労働省医政局総務課主査

 

午後2時〜午後25200786() 休憩

 

 


午後25分〜午後335200786()  

(基調講演)  医療の質の指標と医療事故での院内対応のあり方  
     
福井 次矢   聖路加国際病院院長、京都大学名誉教授 

 (内容) 聖路加国際病院は日本の病院の中でその質の高さ・患者満足度が最高点である、との最新の報告があります。今回、医療の質で最も重要となる考え方となる「質をどのように測定するか」について、世界的な観点から整理、解説します。合わせて、医療事故時の院内危機管理システムの構築での注意点を説明します。

 

 

 

午後335〜午後340200786() 休憩

 

 

午後340分〜午後440200786()  

 (特別講義)  リスクに関する新しい考え方 - 国際的な定義の変更について

       椿 広計    文部科学省リスク解析戦略研究センター・センター長、 東京大工卒

                 筑波大学大学院ビジネス科学研究科国際経営プロフェッショナル専攻長

 (内容) 安全という理想としての目標に到達するには、計測可能であるリスクという考え方が、安全の実践活動のもっとも中心となljります。このリスクの計算方式が最近になって国際的に変更されましたので、それらについての解説が行われます。 また、世界で最も進んでいる日本の品質管理工学は、日本の統計学がその基礎として理論と技術を支えてきました。それらについて、リスクの観点を交えて講義されます。同センターは、安全とリスクの科学に関する世界最高水準の陣容を抱える学術研究センターとして、本学会と密接な活動を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

- 第3日目 (2007年8月7日) -

医療安全の院内システム

東京大学医学教育研究棟14階 鉄門記念講堂

 

趣旨 

院内では医療事故に関与する多くのシステムエラーが存在します。ここでは、カルテ、コミュニケーション、安全体制、安全教育に関する原則や実践問題を整理して講義します。 また、2007年度の厚生労働省通知により、特定機能病院に対しては院内感染症対策委員の設置が義務化され、かつその委員には年2回の研修会参加が課せられました。その第1回の講義も行われます。

 

 

 

(司会・午前)  藤井 千枝子  慶應義塾大学看護医療学部准教授、筑波大医研究科卒

 

 

午前9時〜午前10200787()  

(講演) 転倒・転落防止対策マニュアル(東京都病院経営本部)の概要説明 

       井澤 由香    (財)東京都保健医療公社 荏原病院

 

 

午前10時〜午前11200787()

(特別講演)  医療安全のための診療録のあり方 

山内 一信    藤田保健衛生大学医療情報部教授、前名古屋大大学院医療管理情報部教授

 (内容) 医療事故の主たる原因の1つには、カルテ記載ミスがあります。山内先生は、医療事故を予防するための、適切なカルテの取り扱い方に関する多数の実例にもとずくご研究を名古屋大学で活発に展開して、本年4月に定年を迎えられた、日本の権威者です。これらの経験を下に、正しいカルテの書き方のポイントを講義されます。

 

 

午前11時分〜午前1110200787() 休憩

 

 

午前1110分〜午後1210200787() 

(特別講演)   医療安全のためのリスクコミュニケーション 

大熊  由紀子   国際医療福祉大学大学院教授、前大阪大学大学院人間科学研究科教授、 東京大卒

 (内容) 患者のニーズに対応し、かつリスクコミュニケーションの成功と失敗の事例に関して、合理的に収集、整理、共有するにはどのような点に配慮が必要かを講義します。

 

 

 

午後1210分〜午後1200787()  昼食  

 

 

 

 

午後1時〜午後230200787()

(司会) 楽得 康之  国際医療福祉大学三田病院予防医学センター教授

 

(特別講演) 院内感染対策のあり方   ◎ 

小池 和彦  東京大学医学部附属病院感染症内科教授

(内容 ) 本学会は、2005年に東京大学で開催された第3回学術総会で、感染症リスクマネージメントを取り上げ、小池先生にご講演をいただきました。小池先生は東京大学附属病院での院内感染の中心人物としてご活躍されています。なお、本プログラムは、特定機能病院の感染症対策委員会に課せられた、年2回の研究会の第1回目です。

2回目は、11月17〜18日に東京大学で開催される「感染症の危機管理国際フォーラム」で行われます。

 

 

 

午後230分〜午後240200787() 休憩

 

 

 

 

 

午後2時40分〜午後5時2007年8月7日(火) シンポジウム(V)

「安全組織と安全教育の構築方法」 

 

(概要) 日本で先進的な活動を展開している病院の事例を報告いただき、院内での医療安全のための組織作りのあり方および職員教育のあり方が討議されます。

 

 (座長) 前川 和彦  関東中央病院院長、東京大学名誉教授(救急医学)

 

 

 

午後240分〜午後340200787() 

     山川 洋右  トヨタ記念病院副院長

(内容) 本院の医療安全活動は日本の大変優れた、先進的な業績があるという、多くの声が学会顧問の先生方から数年前より寄せられていす。今回、その活動をご紹介いいたたけることになりました。

 

 

午後340分〜午後440200787()

     長村 文孝  東京大学医科学研究所附属病院医療安全管理部副部長  

(内容) 東京大学では2つの病院があり、当院は医科学研究所の附属病院として独自な活動を展開しています。今回、初めてその概要をご紹介いただくことになりました。

 

 

 

 

午後440分〜午後5時   総合討論

 

 

 

 

 

 

- 第4日目 (2007年8月8日) -

医療安全の基本技術

東京大学医学教育研究棟14階 鉄門記念講堂

 

趣旨

 最近の日本では、医療安全に対する様々な研究が急速に進められ、その内容は毎年著しく変化しています。第4日は、医療安全に関する各分野での最新話題が紹介されます。これらは医療の現場で役立つリスクマネージメント技術の質の向上を図るものです。

  また、医療院内での医療事故予防方法の構築のために、ヒューマンエラーの原因分析のいくつかの方法が欧米で活発に行われています。そこで、いくつかの代表的な方法を2日間にわたって演習を行うためのガイダンスを行います。

 

 

(司会・午前) 江原 一雅 神戸大学医学部附属病院医療安全管理室 副室長兼総括リスクマネージャー、神戸大医卒

 

 

午前9時〜10時、200788()  

(講義)    院内ADR(裁判外紛争処理)の概要  

遠田 光子    宇都宮社会保険病院 

 (内容) ADRを日本で推進している和田仁孝先生(早稲田大学大学院公共政策学)のグループとして、その概要を紹介します。ADRは、急増している医療紛争に対して、裁判によらない解決策としてハーバード大学法学部が積極的に推進しています。

 

 

午前10時〜午前105200788()   休憩

 

 

午前105分〜午後12200788() 

(演習ガイダンス講演)  リスク評価の方法とFMEA(設計故障モード影響解析)のガイダンス  

田中 健次  電気通信大学社会知能情報学専攻経営情報システム学講座教授

(内容) 院内システムの事故原因可能性を未然に探索し、改善策を見出すという設計故障モード影響解析方法(FMEA)の概要を説明し、8月9日の実習に関するガイダンスを行います。田中先生は多くの病院とたくさんの共同研究の経験があり、日本での第一人者で、それらに基づく実践的な説明と指導が行われます

 

 

午後12時〜午後1200788()     昼食

 

 

 

 

 

 

午後1時〜午後230200788() 

(座長)  上別府 圭子   東京大学大学院医学系研究科 家族看護学分野 准教授

 

(特別講演)  医療コミュニケーションの概論   

木内 貴広   東京大学医学部付属病院大学病院医療情報ネットワーク研究センター教授

(内容)  医療コミュニケーションとは、医療従事者相互、医療従事者と患者間、患者相互等における医学・医療分野に関係した知 識や情報のやりとりを意味します。それらに関する世界最先端の理論と実践の概要が紹介されます。 また、医療事故情報の届出や利用方法での原則を解説します。

 

 

 

午後230分〜午後240200788()   休憩

 

 

 

午後240分〜午後340200788() 

(座長)  上別府 圭子   東京大学大学院医学系研究科 家族看護学分野 准教授

 

(特別講演)   がん診療における患者参加  

山口 建    静岡県立静岡がんセンター 総長

(内容) 英国医療界に端を発した患者参加型医療は日米に次第に普及が始まっています。日本ではがん対策の基本法で患者参加型医療の導入が唱えられており、山口先生はその第一人者で、日本学会第6回学術総会長の立場からそのメインテーマとして患者参加型医療を取り上げるにあたり、その基本方針もご説明いただきます。山口先生は、慶応大学、国立がんセンター研究所副所長を経て、現職に在り、日本政府の患者参加型医療に関する委員会の中心人物のお一人です。

 

 

 

午後340分〜午後5200788() 

(司会・午後)  武市 尚子  千葉大学大学院医学系研究科法医学教室助手、東京大法学部卒

 

 

(演習ガイダンス講義)   RCA(根本原因分析)のガイダンス  

北川 浩明   国家公務員共済組合連合会 虎の門病院産婦人科部長、調査委員会副委員長

(内容) 実際に発生した医療事故に対して、院内システム内の原因を探索し、改善するRCAの概要を説明し、8月10日のRCA実習に関するガイダンスを行います。北川先生は、研修医の人気が日本で最高度の実力病院である虎の門病院で、RCAの教育指導の中心人物です。

 

 

 

 

 

- 第5日目 (2007年8月9日) -  

FMEA(設計故障モード影響解析)の演習

東京大学医学教育研究棟13階 第6セミナー室

東京大学山上会館2階 小会議室(201、202、203号室)

 

(内容) 設計故障モード影響解析(FMEA)の方法を少人数グループで修得する。

(実習プログラム企画者)  田中健次 電気通信大学社会知能情報学専攻経営情報システム学講座教授

(ファシリティター) 東京大医、東京女子医科大、日本大医、東海大学医、

虎の門病院、多摩北部医療センター、武蔵野赤十字病院、その他

 

 

午前9時〜午12時200789()   例題演習

12時〜午後1時  昼食

午後1時〜午後4200789() 課題演習

 

 

 

 

 

 

 

- 第6日目 (2007年8月10日) -  

RCA(根本原因分析)の演習

東京大学医学教育研究棟13階 第6セミナー室

東京大学山上会館2階 小会議室(201、202、203号室)

 

(内容) 根本原因分析(RCA)の方法を少人数グループで修得する。

(実習プログラム企画者)  北川 浩明   虎の門病院産婦人科部長、調査委員会副委員長

(ファシリティター) 東京大医、千葉大医、慶応大学看護、東京女子医科大、日本大学医、東海大学医、

虎の門病院、多摩北部医療センター、武蔵野赤十字病院、その他

 

 

午前9時〜午122007810()  例題演習

12時〜午後1時  昼食

午後1時〜午後42007810()  課題演習

 

 

 

 

 

 

 

 




 









(C) 2002 WHRMC